記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

加圧、脚トレーニング!!

6月4日に開催される2016 NPC BEV FRANCIS
ATLANTIC STATES CHAMPIONSHIPSまで1ヶ月を切り、残された期間に出来るトレーニング回数も少なくなってきました。

残り1ヶ月でも私のトレーニングスケジュールでいくと5分割で休みはないにもかかわらず、1部位につき5回程度になってしまいます。
コンテストに向けてのトレーニングはいかに筋肉の造形を深めていくかが最大のポイント。
すなわち身体に彫刻刀で印影と掘りをつけていく作業になります。
この段階で筋肉が無くなるからとヘビーな重量を使い、パワー的なトレーニングをやる意味はないと思います。
ヘビーな重量でトレーニングしなければ筋肉が無くなると言う方は元々ダイエットに失敗していることに気がついた方が良いでしょう。
私のトレーニングは多くは加圧トレーニングですが、ある時期にカットをより深くする意味を込めて加圧トレーニングをせずに取り組んだ事がありましたが、加圧トレーニングでカットが無くなる訳でもなく、逆にバスキュラティが無くなる感じがしたので、以来直前まで加圧トレーニングを実施しています。
加圧トレーニングの成果に疑問符をつける方々がたくさんいるのは理解していますが、私は私なりに導いたトレーニング方法ですし、ご自身で何事も経験され納得すればそれがベストだと思いますし、強要するつもりは全くありません。
現在、トレーニング後にもきちんと血管が走り出しそれなりのコンディションに近づいてきました。

サイズダウンした雰囲気もないし、現在92kg付近ですが1ヶ月前にしては及第点でしょう。

昨年からカーフを更に大きくと取り組んできましたが、なかなかサイズが大きくなる事は難しい…。
毎日、毎日筋肉痛でいつ断裂が再発するかビクビクしながらもカーフをやり込んできましたが、まだまだです。
大腿四頭筋よりデカイカーフが目標!
と、言う脚トレーニングですが平岩さんがぜひ加圧トレーニングの脚トレーニングにチャレンジしたいとお見えになりました。
まだ慣れない段階で休み休みしながらのトレーニングでしたが、全体的な雰囲気は感じて頂いたと思いますが脚に限らずいかにキツイ収縮を意識するかが最大のポイントです。
加圧ベルトをしているので、痛みからなかなか強く収縮をイメージ出来ませんが、筋肉が切れる?!勢いが絶対に必要なポイントだと思います。
まずは加圧ベルトをして自重のレッグエクステンション、レッグカールで収縮するポイントを得るトレーニングから。

自重でこの最大収縮を意識出来なければウェイトを使う意味がなくなります。

この反復だけで最初は良いくらいです。
しっかり収縮が出来たらレッグエクステンションマシンをなるべく収縮が可能な重量をワンレッグで行います。

詳しくは割愛しますが、コンテストコンディションに近づける為には通常のレッグエクステンションよりお尻を上げたエクステンションがより実戦向き。
2パターンを連続して行います。

レッグカールも重さより収縮感を大切に。

この2種目がベースとなり様々な種目を付け加えますが、カールとエクステンションのみでも脚は必ず発達するはずです。
発達しないとなればやり方に問題があると気がつくべきです。
スクワットも確かに素晴らしい種目であり、私自身もかなりやり込んだ方です。
しかし、中途半端なしゃがみや中途半端な重量ならスパンとやめてしっかりエクステンション、カールをきちんとした方が良い結果をもたらすと思います。
脚を大きくしたいならまず全て種目で稼動範囲、リズム、ストローク、フォームを見直すべきです。
次はワイドスクワット。

私自身はワイドなこのスクワットをやってから脚のサイズが変化したと思います。
スミスマシンでもフリーでも良いのでワイドを取り入れでみてください。
内転筋を見直す時です。
次はワンレッグのプレス。
稼動する脚よりストレッチされる脚がポイントです。

次は加圧トレーニングならではのヒップスクイーズ。

これは見た目以上に脚全体をカバーする素晴らしい種目です。
ヒップにストリエーションを入れるならぜひ採用したい種目です。
フロントのカットもより際立ちます。
ラストはスタンディングカーフ。

途中何度か休憩を挟みましたが、脚を高くして休むと悪寒や吐き気が軽減されます…(^o^)
私は長年この加圧トレーニングを実施しているので、途中で吐き気や虚脱感をある程度回避出来ますが、初めての方や慣れない方は必ず休憩を積極的に取り入れてみてください。
私は意地でもベルトはトレーニングが終わるまで外さないし、意地でも休憩は取らずに黙々とやり込むのが性に合ってるのでそうしているだけです。
トレーニング終了後には平岩さんがお持ち頂いた板橋の銘菓をミッドブレス整骨院、岡田院長と共に頂きました!

かぼちゃで作り、脂肪は0というこだわりがダイエット中も手を出しやすいクオリティ!

しっかり美味しくいただきました!
いつもありがとうございます!!

皆さんの中でトレーニングにお困り、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください!!
加圧トレーニングに限らず、個々に合ったトレーニング、ダイエットをお伝えします!!

ミッドブレス初台
〒151-0061
東京都渋谷区初台1-47-4
☎︎03-3375-3917

○旧堺部ブログ
*ミッドブレス堺部元行ヘッドパーソナルトレーナー日記1*
○ミッドブレスFacebook
*ミッドブレス初台Facebook*


【5/22 BLAZEOPEN】
選手登録・チケット予約受付中!!
*NPCJ Blaze Open申し込み*

【一般社団法人NPCJ】
*一般社団法人NPCJ *

【7/3 ZOA LINSEY CHAMPIONSHIPS】
選手登録・チケット予約受付中!!
*NPCJ 沖縄ゾアリンジー 申し込み*

【NPCJゾアリンジーチャンピオンシップ】
*NPCJゾアリンジーチャンピオンシップ 広告動画*

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント