記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

ニューヨークまで3週間前!!

今朝、現在ラスベガスにいる山岸プロからメールをいただきました!
いよいよ3週間前ですが、調子はどうですか?と言うありがたい連絡ですが、私にはこの山岸プロからの連絡やボディチェックがコンテストに出場する以前にして最大、最高に緊張する瞬間であり、毎回気を引き締めている瞬間です。
コンテストで評価されるより、山岸プロにいかに恥ずかしくないで身体を見せられるか!?いかに成長している事を毎年見せられるか?それが私にとっては最大の試練であり、目標でもあります。
生き馬の目を抜く厳しいプロの世界で頂点に立ち、長い間トップでいられるポテンシャルの持ち主はこと、ボディビルに関しては世界一厳しい人でもあります。
正に自分にも厳しいプロの鏡ですが、そんなプロの目に適う身体、コンディションを作り上げ流のは並大抵の事ではありません。
今回もわざわざニューヨークに来て、前日にボディチェック、当日も様々な形で支援を頂くのですが、それは完璧なコンディションを作り上げない限り絶対にお願い出来ない事です。
私の中では前日のボディチェックでコンテストはある程度終わっているようなもの、それ位の覚悟でニューヨークに渡っているつもりです。
山岸プロに恥ずかしくない、コンディションを作り上げる為にも、残り3週間生と死のギリギリまで追い込む覚悟で取り組みます。

今日は脚のトレーニングでしたが、最近脚のトレーニング後には足腰が立たなくなる位身体に倦怠感と脱力感が表れ、病院に行かなきゃ…と思うくらいです。
今日も余りに辛いのでトレーニング後に薬局に行き、いつもとは違うサプリメントを購入してしまいました…。

身体が怠くて…と相談したらこれは?と薦めてくれたのをとりあえず買ってみましたが、全て同じようなサプリメントが自宅にもあるので、何だかなぁ…と言う感じですが、気持ちですからね。
そんな倦怠感はトレーニング時には一切ないので、助かっています。
ジムでヘッドホンをつけたら自然にアドレナリンが出てやる気全開になるから不思議です。
自分のコンディションの見極めは脚に走る血管をポイントにしています。

大腿四頭筋にかなり血管が表れてきたので、まずまずのコンディションになってきたようです。

軽くても、自重でも今の時期には血管を広げるイメージを持ってエクステンション、カールをする様にしています。

カーフについても同じく血管を拡張させるイメージを大切に。
また、拮抗筋である前脛骨筋を必ず意識します。

残り3週間、気合いで頑張り山岸プロに恥ずかしくない身体を見てもらおう!
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント