記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

Registration!ATLANTIC STATES CHAMPIONSHIPS

いよいよ明日開催される「2016 NPC BEV FRANCIS
ATLANTIC STATES CHAMPIONSHIPS」に向けて会場のあるニュージャージー州ティーネック、マリオットリゾートホテルに移動し、検量や申し込みをする日です。
朝からスーパーで買い物を済ませますが、やはりスィーツに目が奪われます…。

身体の方は体重が目算より多少重く199パウンド(90.2kg)を維持。
ちょっと水分を我慢すればギリギリの198.5パウンドで検量をパスするはず。

脚には目安となるバスキュラティが上がってきているので、もう少し食べ込みます。

そんな中、庄司会長と石崎事務局長が暇を持て余した様子であの世界一美味いと話題のサラベスにてブレックファーストを食べた後、わざわざセントラルパークを歩いて北上、ハーレム近くにやってきました。

NPCJで使うグッズを探したり、スニーカーを買ったり…。
結局、私までジョーダンウェアをつい買い込んでしまい、無駄な買い物になってしまった…(~_~;)

今回のカーボアップにはほぼお餅のみを使って食べ込んできました。
都合4kgを食べた計算になります。

食べる時間も量も全て曖昧ではなく、コンテストや検量に合わせてスケジュールを調整していくことがやはりベストでしょう。
コンテストで良く見るケースですが、メチャクチャに食べたり、闇雲にお菓子やケーキ、和菓子を食べたりする選手がいますが、私なら絶対に取り入れません。
カーボアップの意味がわかっていたら、絶対に食べる量やインシュリン、血糖値の上昇などの見地からも有り得ない事でしょう。
せっかく何カ月、何年もかけて取り組んできた成果を単にカーボアップと言う名の真似事にして無駄にするなら、カーボアップなどしない方が確実に良い結果を得られるでしょう。
今回は19時にレジスターをする予定ですから、16時には全ての食事をストップ。
後は移動して検量をきちんとパスしてから再開します。

今回のコンテスト会場はニューヨークからハドソン川を渡りすぐにあるニュージャージー州ティーネックで開催されます。
ハイウェイを利用しブロンクスのヤンキースタジアムを横に見て、ハドソン川を渡ります。

ハイウェイからすぐ脇にあるのが会場のマリオットリゾートホテル。

ホテルの周りには本当に何もなく、まさにニュージャージー州らしさそのもの…。

やはり慣れない場所や慣れない会場でコンテストが開催される場所には万全の準備が整って初めて結果を得られるものです。
特に海外なら何があるか、分からないのでそれなりの準備は必須ですね。
ホテルにチェックインしたら早速、選手登録に向かいます。

まずはNPCカードを購入しますが、受付にはプロモーターのスティーブ・ワインバーガー氏の奥さん、レジェンド ベブ・フランシスが担当してます。
NPCカードはアメリカ国内で開催されるNPCコンテストに出場する為には必ず必要な書類であり、125ドルで購入したら1年間有効です。
年間数回、NPCニュースなる雑誌が送られてきますが、特に特典もなく我々NPCJカードの方がより良心的です。

カードを購入したら、すぐに受付にてネット申し込みに記載した書類を持って検量。

私の出場するボディビルには体重測定があり、私の体重は見事に198.5パウンドとライトヘビー級のリミットぴったし!!
係のスタッフもグレートだ!と誉めてくれました。
大山、池田選手はフィジークなので身長を測ります。

池田選手はかなり緊張してますが、緊張は明日だけで充分!!

私もゼッケン22番をもらいこれにて登録完了!!

今回のゼッケンもかなりオシャレなデザイン!

後は部屋でゆっくりして山岸プロが来てくれるのを待ち、明日に備えます!
よーし!頑張るぞー!

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
ミスターオリンピア アジア 香港 3位
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント