記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

最強の食事!

今日1日の中、かなりの時間を割いて先日ミッドブレス初台で開催された2013年ミスターオリンピアフィジークチャンピオンのマーク・アンソニートレーニングセミナーの原稿起こしをしていました。

この模様は近日中に月刊ボディビルディングの誌面の中で紹介される事になっていますが、改めてマーク・アンソニーの偉大さが分かる内容でした。

マークが身体を変える最大のポイントは食事に始まる栄養が80%。トレーニングが10%。睡眠、休養が10%と言っています。
私も現在、ダイエットの真っ最中ですが非常にこの言葉を実感してますねぇ。

私の基本的なダイエットの取り組みとして脂質をいかに減らすかを最大のポイントにしています。
脂質といっても幾つかその種類や摂取方法はありますが、私は調理の仕方、その食べ方をいかに変えるかを考えています。

単純な事ですが、自宅には油という調味料はオンオフ通じてありません。
肉を焼く場合も魚グリルやテフロンなどの焦げ付かないフライパンを使い、更にカロリー0のパムオイルスプレーを必要な場合は使う様にしています。

また、煮たり、電子レンジなどを活用し調理には油を使わない事をとにかく考えています。
また、食材の中には良い脂質があります。
例えばアボカドや魚に含まれる脂質などですが、こんな脂質(不飽和脂肪酸)は酸化しやすく、いかに新鮮で摂取するかは大きなカギですが、私はなるべく摂取する炭水化物の量とのバランスを考えて摂取する様に心がけています。

毎回感じることですが、やはりダイエットをすると非常に身体の体調は良くなり、目覚めも良好になってきます。
また、オフの時に身体中に発疹や吹き出物が良く出るのですが、ダイエットに入るとそんな発疹が全てなくなり、皮膚が非常にスベスベと綺麗になるのが実感出来ます。

私は本を良く読むのですが、最近、非常に面白いなぁ…と言う本に出会いました。
「シリコンバレー式自分を変える 最強の食事」
です。

筆者はフィットネスの専門家や医学者でもなく、IT起業家であり、投資家というデイブ・アスプリー。
仕事に追われる中、体調不良と肥満になり改善の為に自分の得意なITを駆使して自分の身体を数値化!!
更に世界トップの医学博士や生化学者、栄養士などを雇い数々の研究!
自己実験の為に30万ドル!!日本円にして3000万円!をかけて心身の能力を向上させる方法を研究し、今や全米ならず世界的な超話題に!
今や世界のセレブが実践するのがこの最強の食事!

以前、ジョコビッチの食事の本も読みましたが、ありゃ絶対に実現不可能な食事ばかりで私には意味がありませんでしたし、感覚的な事ばかりが正直な感想。
しかし、この最強の食事には化学的な根拠も書き示してあり、専門書としても十分なクオリティ。
今回も面白半分で読み始めましたが、とにかく面白い!
キテレツな事もあったりで書籍としてもオススメです!

最強な食事を読んで、最強の食事を実践し、最強の身体になれるか??
試す価値はありそうかな…!?

こんなお話も踏まえ2月21日にはダイエットセミナーも開催します!

お気軽にお越しください!

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
ミスターオリンピア アジア 香港 3位
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント