記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

ニューヨークラストトレーニングは胸!

寺前さんとはいつものように125stで待ち合わせ。
スターフィットネスまで地下鉄で向かいます。

寺前さんは今回のコンテストが初参加。

ご本人も初参加ながら思うところあり、日々悔しさが募ってきたようで今回を機に更にレベルアップ術く、本日スターフィットネスに入会を決めました。

寺前さんは自宅そばのクランチを利用してトレーニングしていますが、これから利用頻度が高くなるスターフィットネスの様なリアルなトレーニーが多く、かなりレベルの高いジムでのトレーニングは必ずや良い結果を導き出してくれるハズです。

一つのクラブを通い詰める事も大切な事ですが、普段とは違う環境を求め様々なクラブを利用することは違う刺激を生み出し、新しい活力、気力にもつながります。
私も3つのクラブに入会し、様々な刺激をもらいつつトレーニングしていますが飽きを作らない意味でも非常に効果的だと思います。
新しいスターフィットネスのメンバーが誕生です。

そんな記念の日にはまずは胸のトレーニングからスタートしましょう。
最初の種目はベーシックなアイカリアンのチェストプレスから。

毎度言いますが、チェストプレスのスタートは必ずボトムの大胸筋が伸展しているポジションからです。
その位置で2.3秒停止してからゆっくりとバーをスタートさせます。
このゆっくりスタートと呼吸が最大のポイントです。
まずは20回をベースに3セットをラストはフルスタックのウェイトを使うペースでじょじょに上げていきましょう。
次はハンマーディクラインプレス。

ディクラインはすなわちディップスのフォームを模したプレスですから、頭の位置は常に前に傾斜しています。
更に深い深呼吸から脇にボールが挟まったイメージを持ちながら親指を握りしめ脇にチカラを入れるイメージでプレスしていきます。

10~15日をベースにプレスし、終了後にはきちんと胸を張り、深呼吸をしながら腕をクロスしつつ収縮ポジションをフォローしていきます。

ディクラインの様に非常にスタートからトップまでのストロークが長い場合にはトップがかなりおざなりになり、きちんとした収縮ポジションを作り出せません。

大胸筋中央部分の深い溝を作り出すイメージでの強い収縮が効果的です。
次はライフフィットネスのフライマシン。

久しぶりにどう使ってもポジション的に必ず二頭筋にチカラが入るダメなマシンに巡り会いました。
軌道的には理想なのですが、ストローク方法に問題がある様ですが、何事も一見にしかず。まずはチャレンジからです。

気を取り直し、今のフライマシンの軌道をイメージしたスタンディングダンベルフライをやりましょう。

軌道は少し違いますが、トップのポジションは同じ。
ただ、ダンベルの下方にかかる重力にまけないプレス力により大胸筋上部をインクライン以上に刺激してくれます。
ボトムは大胸筋を深呼吸により大きく開いた状態からスタートです。

大きな胸を作りたいなら、女性のブラジャーのCMのコピーに大きなヒントがあります。
寄せて上げて…です。
深呼吸により胸郭が広がった状態から下方から上方にダンベルを寄せて上げて行くことで大胸筋に大きな刺激を与えられます。
上げきったポジションでは2.3秒停止が基本!
次は本当のディップス。 マシンを使い大胸筋アウトラインを形成していきます。

肝心な事はプレスするのではなく、ストレッチを作ること。

押す事にこだわり過ぎれば刺激のターゲットは三頭から二頭の腕に移行していきます。
あくまでストレッチポジションでのショートムーブで構いません。
最後はケーブルフライ。
今回はシーテッドマシンをつかいましたが、これまた大切な事はスタートポジション。

身体は前方、肩の位置は後方に置いた位置からスタートです。
このフライはラストの種目ですから、全てのストローク、可動域で大胸筋にチカラが入り続ける事を目的にしています。
まずはスタートからゆっくり、ゆっくりとフライしながら、トップでは3秒以上停止して再びゆっくりスタートポジションに帰ることです。

10回の回数ながら時間的には40回をする位のイメージが大切です。
こうしてニューヨークでは大変お世話になった寺前さんとのトレーニングも終了!
肩もトレーニングしましたが、これはまた機会があれば解説しましょう。

寺前さんとは再び125stに戻りましょう。

125st駅前のIHOPにてトレーニング後のランチミーティング!

相変わらずパンケーキ三昧な私ですが、好きなものは仕方ない!

今回はプラスストロベリークレープまで食べちゃいました!

もちろん軽く卵食べときました、一応タンパク質は取らなきゃ…(~_~;)

とりあえず寺前さんとはここでお別れ。
淋しいですがまた再びニューヨークに来て、一緒にトレーニング、コンテストに参加したいですね。
ぜひ、寺前さんもNPCJチームニューヨークとして華々しく活躍して欲しい。
せっかく1年有効なNPCカードを作成したので、これからまだまだ続くコンテストシーズン。
後1つは出場する様にアドバイスしておきましたが、これまた楽しみです。
チームニューヨークのタケ君も一緒にぜひ出場の連絡を待ってます!
寺前さんありがとうございました!


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント