記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

ポージングを制する者はコンテストを制する!

先週末に大盛況に終了したNPCJ NAGOYA OPEN!

そんなNAGOYA OPENのJudge sheetがNPCJ公式ホームページにて公開になりました!
*NPCJ 名古屋ジャッジシート公開

今回はどのカテゴリーでも接戦になり特に男子フィジークの上位は我々審査員全員が頭を悩ます大混戦のジャッジでした!

トップにランクされた選手はいかに弱点が少なく、ポージングが洗練されているかは大きく評価を分けたところですが、私自身が審査員席と特に感じたのは、選手自身が審査員に対してここを見て欲しい、これは見るべきだろうと言う積極的なアプローチがなかった事が非常に残念でした。
これはポージングが上手い、ヘタと言うよりポージングによって競技が成り立っていると言う意味を理解していない印象が非常に強いのです。
大切なゼッケンを見せてくれない、端にいても審査員に対して見るべき身体を見せていない…などなど。

身体のトータルバランスが優れているというのはもちろんですが、もっともっとポージングを練習すべきです!

いくらトレーニングを一生懸命やり、身体を変えてもポージングが出来なければ競技を勝つことは出来ません。

厳しい言い方かも知れませんが、ポージングで順位を下げた選手が幾人もいたのは事実です!
ぜひ、もう一度ポージングをきちんと学び、習得すべきでしょう。

月末にミッドブレス初台にて再びポージングセミナーを開催します!
*NPCJ ポージングセミナー7月31日
また、自身をいかに良く見せるかを考える上で、日焼けやカラーリングも重要なファクターです。
近日中にはポージング&カラーリングを併せたセミナーを開催したいと思っています。

私自身もコンテスト前にはポージングは人知れずメチャクチャ練習します。
今も鏡の前で滴り落ちる汗と格闘しながら、ポージングを練習してきました。
ボディビルダーには加えてフリーポージングもあるのです。

この全てのコンテストの評価はポージングによるものであり、全てのコンテスト評価をポージングによってガラリと変えられます。
その良い例が今年のアーノルドクラッシック212の山岸プロでしょう。

あのアーノルドに世界一のポージングだ!と評価された唯一のボディビルダーです。

また、オープンクラスでは圧倒的な身体の違いで優勝間違いなし!と言われたセドリックに決勝のフリーポージングで逆転したカイグリーン!!
ポージングとはコンテストステージの全てなのです!
また、ポージングが意識出来ればトレーニングそのものが変わります。
ポージングとトレーニングは同じなのです!

ぜひ、ボディビル、フィジーク、全てのカテゴリーのポージングに不安がある方はぜひ、ミッドブレス初台に来てください。
必ずポージングを改善し、勝てるステージを見せるテクニックをお伝えします。
また、ポージングを活用したコンテスト前にやるべきトレーニングテクニックもお伝えします!
ぜひ、ご一報ください!
【ミッドブレス初台】
〒151-0061
東京都渋谷区初台1-47-4
☎︎03-3375-3917

○旧堺部ブログ
*ミッドブレス堺部元行ヘッドパーソナルトレーナー日記1*
○ミッドブレスFacebook
*ミッドブレス初台Facebook*

【一般社団法人NPCJ】
*一般社団法人NPCJ *

次回は茨城県牛久市にて第二回MOLA CUPが開催されます!

只今参加選手大募集中!

【8/7 MOLA CUP選手登録チケット予約受付中!!】
*NPCJ 茨城MOLA CUP選手申込み

【7/31MOLA CUP対策ポージングセミナー】
*NPCJ ポージングセミナー7月31日

【8/28 SENDAI OPEN選手登録チケット予約受付中!!】
*NPCJ 仙台OPEN選手申込み


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
ミスターオリンピア アジア 香港 3位
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント