記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

ギックリはビックリだ!

昨日、思い掛けない形で発生したギックリ腰…。
入念に入念にストレッチと思っていたら、逆な効果を出してしまいました…情けない。

意外にこういうケースは少なくないみたいですから、ぜひとも気をつけてみて下さい。
私も歩くだけで腰痛になるくらいで、トレッドミルは常にベルトは欠かせません。
また、定期的にミッドブレス整骨院では治療し、筋肉を緩めてはもらっていましたが、慢性的な腰痛は更に注意が必要と言うことですね。

昨夜はトイレに立つ事も出来ず、朝まで激痛で寝付けなかったくらいです。
今日は健康診断に西新宿のクリニックに出掛けてきましたが、診察着に着替える事も一苦労…。
特に胃の検査でバリウムを飲み、検査台でやれ、反転、やれ回転など言われるたびに怒鳴りつけてやろうかと思ったくらいですが、痛さにそんな元気もありませんでした。
検査の結果は予想通りと言うか、的中してました。
胃や大腸など内蔵にはポリープなどはなく、非常に良好でした。
しかし!
血液はドロドロ…!更に腎臓の数値がかなり悪くこのままでは透析になるリスクが高いので、再検査!との事。
しかし、腎臓自体の機能を考えたらたんぱく質、塩分の取り過ぎがほぼ原因でしょうねぇ。
更にコンテストを考えたら水分や塩分を抑制したりした後遺症でしょう。
しばらく健康的な食習慣を…と思いますが、やっぱり筋肉欲しいしなぁ…。
腎臓と言えばあのトム・プリンスが腎臓疾患で現役を引退してますね…。

今は以前のバリバリの身体ではなくなりましたが、ベニスでちょくちょく見るので安心してます。
大好きなビルダーでしたからね。
まぁ、気をつけて行きましょう。
私は更に10年前から心房細動を持病として持っています。
いわゆる酷い不整脈です。
あの橋本真也氏が亡くなった直接の原因がこの心房細動です。
自覚がほぼないのが、悪いところです。
先ほどの腎臓と同じで血液は常にサラサラにしていなきゃいけないのです。
私は普段からあまり水をがぶ飲みするほうではありません。
あんまり飲むと仕事に支障をきたすので、日中はなるべく口の乾かしを無くす程度でした。
これからは毎日最低4リットルはいかなきゃですね。
ギックリ腰も含め、寄る年波には勝てないのが実情ですから、あえて身体とケンカせず仲良く身体の事を考えてトレーニングしていき、いざ!と言うタイミングでは無理していこうかなぁ…。
まずは健康を維持しながら、頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント