記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

準優勝、おめでとう!

今日は我が故郷、三重県の県庁所在地、津市にやってきました!
jbbfの三重県大会及び東海フィジークの観戦です!

この三重県大会の新人の部に甥っ子の雅之がコンテストデビューする為、雅之の両親と一緒に観戦です。

雅之のステージは緊張からか初々しさはありますが、堂々としたポージングを披露していました。

私が客観的に見てもこれで20歳の身体とは思えないほど非常にバルキーでボディビルダーとして充分な資質を兼ね備えていると思います。
本人の努力はもちろんですが、亡くなった親父や祖父の堂々とした体躯を思い出すと堺部家のDNAはなかなか大したものだと感じています。

今が一番トレーニングもボディビルも楽しい時期だと思いますが、私が雅之に口すっぱく言う事はジムは友達と話をしに行く場所や長く居る場所ではなく、真剣に身体と向き合い、自分に厳しくハードにトレーニングする為だけの場所だと言う事です。
雅之は時折、ミッドブレスに来て私のトレーニングを受けていきますが、決して手を抜く様な甘いトレーニングはしていません。

ジムに居る時間がいかに長いかではなく、トレーニングで稼働している時間がいかに充実しているかです。

そんな口やかましい叔父がいる雅之はそれ自体がプレッシャーになるとは思いますが、まぁそれも期待の表れであり仕方ないことでしょう。
今回は新人の部ながら準優勝という非常に嬉しい順位を頂きました。

こんな偉そうな事を言う私ですが、私のデビューと比べたら雲泥の差で雅之の方が素晴らしい身体です。
これも普段からお世話になる桑名市のR-13ジムの山下会長のご指導のおかげです。
新人の部の優勝も写真に写る選手で同じR-13ジムの先輩だそうです。

こんな素晴らしい環境にいる雅之はまだまだ成長を続けて行くでしょう。
山下会長のススメもあり、今年の全日本ジュニアに出場させていただけるそうです。
今はしっかり会長の教えを守り、日々努力と研鑽を積んでいく時期です。
私の今回の唯一の不満はまだまだ身体が絞れた事。

良く聞く事では、若い頃に無理してダイエットするより余裕を残して仕上げた方が伸びるという何も根拠のない言い分。
私は若ければ若いほど、死ぬ気で絞り込まなければならないと思っています。
年齢が行くほど絞りきれないのは理解出来ますが、若い頃には山ほど時間があり、山ほど絞る機会と身体の順応性を兼ね備えています。
若い頃だけは誰にも負けない気力と死ぬ気で絞り込まなければなりません。
それは自信にもなり、必ず将来役に立つはずです。
今回の成績に決して満足することなく、次回の全日本ジュニアまで気を引き締めてダイエット、トレーニングに打ち込むことです。
近い将来必ず日本を代表するビルダーとなる資質を秘めていると、叔父としての贔屓目ながら感じています。
更に知識を高め、トレーニングを理解して誰にも負けないハードトレーニングを自分に課すことで、それらは自ずと道は開けてくると思います。
ぜひ、堺部家の代表としてもこれまで以上に頑張って欲しいものです。
頑張れ!雅之!
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
GLOBAL CLASSIC 3位
ミスターオリンピア アジア 香港
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント