記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

オフシーズンを充実させましょう!!

朝晩の気温も非常に心地いい今日この頃。
まだまだ早朝4:30からのトレーニングを実践中ですが、7時過ぎにシャワーを浴びて自宅に帰る時の穏やかな風が何とも至福のひとときです。
寒くて寒くて仕方がない…というまで早朝トレーニングは続けていこうと思っています。

私自身も2016年はシーズンオフになり、久しぶりに充実したオフトレーニングが出来ています。
約50分のウェイトトレーニングからすぐに60分のトレッドミルとなかなか昼間の時間帯ではやれない内容になっているので、身体もいつも以上に良くなっている気がします。
この気がする…と言う不確定ながら自信がある事がシーズンオフには非常に大切な事だろうと思っています。
シーズンオフは身体を激変させる大切な期間。
シーズンオフと言うからにはオンがないといけない訳ですが、私は身体を大きく変化させるには必ずオンとオフ、すなわちしっかりとしたダイエット期間とバルクアップ期間が必要だと思っています。
ダイエット期間中には身体には栄養が足らない環境ながら身体をいじめつつ、筋肉を減らさない努力が必要です!
ダイエットだからと言って必ずや筋肉は成長しないかと言えば絶対にそんな事はありません。
ダイエット中の栄養が不足した体内環境ながら必ず筋肉を作ろうと身体は頑張るはずです。
そんな過酷な時期から解放されたオフには今迄体験した事がないくらいの栄養が身体に充満していく、最高のバルクアップ環境が整うはずです。
こうした体内環境の大きなうねりは身体を順化させない、いわゆる慣れさせない事になり結果、より大きく身体を成長させるはずです。
私も体験がありますが、一年や数年コンテストやダイエットをしないで身体をバルクアップさせる!と言う方に良くお会いしますが、バルクアップ期間を終えても体脂肪ばかり増えてあんまり変化を見せないケースが大半でしょう。
身体はすぐにその環境に適応し、慣れを見せてしまい凄まじい刺激でない限り大きな成長をみせてはくれません。
ですから、ダイエットやコンテストが終了したすぐの期間が身体を激変させる一番の時期であり、すぐにあれやこれやを好き放題食べたり、トレーニングを休む事はとても無駄な事なのです。
ダイエットをコンテストシーズンを終えてもしばらくは大切な時期と認識し、同じ食事内容でなおかつ回数や量を大幅に増やすことはもちろん、よりハードにトレーニングしていくことが来年のコンテストでグローアップできるか否かが決まると言っても良いでしょう。

そんなバルクアップ時期を充実しつつ、身体をバルクアップさせてきたトレーニーを紹介しましょう。
今年のミスター東京クラス別で入賞し、来年にかける藤代選手です。

藤代選手は70kg以下に出場しましたが、本人にはまだまだ階級を上げられるポテンシャルもあるし、何よりトレーニングに対する耐性が強いことが素晴らしい!

コンテスト直前の検量はやや急仕上げが露呈した格好になりましたが、コンテスト後から来年に向けてしっかり打ち合わせをしてこのシーズンオフの食事内容やトレーニングを確定してきました。

かなりハードな食事内容ですが、きちんと守りトレーニングもより充実してきたそうです。
今日、約一ヶ月振りに会いましたが、びっくりするバルクを上げていました。

今日のトレーニングも非常にハードな内容でしたが、息切れすることなく、しっかりとやり込んでいけたし、とにかく正しい食事がお腹をすっきりとさせています。

現在、90kg弱と約19kg程度を2カ月で増やしてきた計算ですが、その多くが筋肉になっている印象です。
これだけ一気に体重が増えるとトレーニングが休み休みののんびりトレーニングになりますが、今日見た限りではしっかりと耐乳酸トレーニングが実践出来ているし、それはすなわち心拍数を上げて時間を経過させている有酸素系の脂肪をも燃焼させているはずで、それがお腹を出さない事にもなるのです。
ご本人はどこまで体重が増えるか心配になっていたと言いますが、現在は安定しているとの事でこの高みで安定させる事がポイントなんです。

もし、これが何でも食べろ、食べろでは藤代選手のようなタイプは止め処もなく体重がと言うより脂肪が増えていくはずです。
しかし、現在のミールメニューを継続するならば、よりリーンに筋肉を増やしてくれる事でしょう。
こう言ったオフの過ごし方が来年の成績や身体の変化になって現れるのです。
だから、今日頂いたお菓子は私が進んでいただきましょう!ありがとうございます!

皆さんもしっかりとしたシーズンオフを過ごす為にもオン以上に慎重に計画(ピリオダイゼーション)を練り実践してみてくださいね。
オフをどの様に過ごすべきが、悩む方はぜひミッドブレスまでご連絡ください!
オフにライバルに差をつけるスペシャルなテクニックをお伝えします!
まだまだ、シーズン真っ盛りと言う方はよりハードによりストロングにダイエット、トレーニングを頑張ってください!!
コンテストは目の前です!

ミッドブレス初台
〒151-0061
東京都渋谷区初台1-47-4
☎︎03-3375-3917
【フィットネスジム ミッドブレス公式HP】
*フィットネスジム ミッドブレス初台*

【ミッドブレスFacebook】
*ミッドブレス初台Facebook*

【旧堺部ブログ】
*ミッドブレス堺部元行ヘッドパーソナルトレーナー日記1*

【一般社団法人NPCJ】
*一般社団法人NPCJ *

【山岸プロ スペシャルメッセージ動画】
*山岸プロ、スペシャルメッセージ動画*

【9/11 NPCJ WEST JAPAN HIROSHIMA OPEN】
*NPCJ WEST JAPAN HIROSHIMA OPEN

【仙台大会ジャッジシート】
*NPCJ仙台大会ジャッジシート*

【NPCアクティブウェア購入サイト Gravii】
*NPC アクテウェア購入サイト Gravii

【フィジークオンライン】
*フィジークオンライン






関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント