記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

トレーニング方法は勉強方法と同じ!

ここ最近、非常にたくさんのビジターの方々にお見え頂き楽しくトレーニングのご指導をさせて頂いています。

私自身トレーニングに対するうんちくが好きな事もあり、トレーニングを一緒に考え効果を導ける様なセッションは時間の経過も早く、時には足らない事もあるくらいです。

しかし、最近お見えになられる方々のトレーニングに対する見識とヤル気、本気度は私にとっても非常に良い刺激になっており、私自身の毎日のトレーニングでも毎回毎回、良い方向や良い方法、手法を更に向上させるべく考える機会になっています。

お見えになる皆さんに私が最初にお聞きするのは、普段のトレーニング内容や種目や回数などベーシックな事柄です。
まずはそのカウンセリングからスタートしていきますが、そのお答えでその方がだいたいどの辺りにプラトーや問題点を抱えているのか理解出来ます。

私は自身の手法やトレーニングを強制はしませんが、腑に落ちる…。これをメインにお話やトレーニングを解説する様にしています。
すなわち徹底的に納得して頂く事を主眼に置いています。

幾つか皆さんに共通するテーマや疑問点があるのですが、私が一番こだわっていることはトレーニングの内容に必ず起承転結があるか否かです。

簡単に言えばやらなければならない種目を選びやるべき種目を優先し、無駄のないトレーニング内容にするという事です。
それがきちんと出来れば、いつトレーニングを終了して良いかが決まり、トレーニングに全く無駄がなくなるのです。
皆さんの中でいらっしゃいませんか?いつまでもダラダラとジムにいて、ジムにいることで筋肉が成長すると考え、終わるに終われないでいる方は?

皆さんに普段のトレーニング内容をお聞きすると、例えば胸のトレーニングであれば、まずはベンチプレスからダンベルプレス、インクラインプレス、フライマシン、ディクライン、ディップスなど一連の流れを伝えてくれますが、何故その順番で何故そのチョイスかとお聞きすれば多くの方々は「何となく…」「トレーナーに言われた」「ガイドブックやインターネットから」など様々ですがそこに絶対にこれをやるべきだと思い、チョイスしたと言う答えは残念ながらありません。

それはそうだと思いますが、少し考えてみましょう。

中学や高校、大学時代に勉強するとなれば、何を優先して何から手をつけましたか?

英語の評価が悪いとなればもちろん英語を勉強しましたよね?
文法がわからなければ文法を理解し、単語が出てこなければ単語を暗記など、テーマを決めてそれを解決するのが勉強でした。
英語が苦手と言うのに、物理をやりましたか??
単語が覚えられないのに、英会話のテープを聞きましたか?

そこには自身の悪い傾向や苦手を克服する意識があったからこそ、頑張って(これが問題)勉強し、テストの点数を上げたものです。

では、それを我々のトレーニングに当てはめてみましょう。

まずは自身の身体を冷静な視点で見て、見られて客観的な見地から問題点を洗い出しましたか?
客観的な見地とは勉強で言えば点数だし、様々な分野での配点もそれに当たるでしょう。

ご自身の毎日のトレーニングにはその客観的な問題点を優先的に解決する様なトレーニング種目を選び、実施していますか?
胸を大きくするにはベンチプレスが一番とガイドブックに書いてあったからそれを優先に実施しています!と思った方は冷静に考えてください。
ベンチプレスが胸の種目で一番効果が高く、機能的かつ結果を出す種目ならば、何故書店にこれだけのトレーニング本が濫立するのでしょうか?
ベンチプレスでは解決出来ない大多数の方々が悩むから書籍が次々と出てくるのではありませんか?
でも、自身では妄信的にチョイスするのはベンチプレス…。
言い過ぎかも知れませんが、これでは問題点を洗い出し解決することには全くなりませんよね?!

ベンチプレスに変わる更に大胸筋に刺激がある種目や方法を考えて実践する方がただ流れでベンチプレスをするより効果的だと思います。
そこには自身の考えの確固たる確信と思い入れがあるからです。

そんな方は自信を持って種目の流れや目的、効果を期待する素晴らしい答えが返ってきます。その方にはちょっとしたスパイスを加えれば(やり方やフォームなど)よりファストに結果が現れるでしょう。
また、種目の起承転結と言えばやるべきことがはっきりしていることです。

例えば…
種目の流れの中にまずは大胸筋を全体的に刺激!次にフライで大胸筋中央部に高い山を作る。次にアッパーのワンハンドプレスをして大胸筋上部を刺激。
ワイドケーブルで大胸筋の外端の輪郭を描くためのプルをする。
最後はディップスにて、下部の刺激をメインにトレーニング…などなど。

この様にトレーニングする種目というのは課題に対しての対処であり、改善策で無ければならないのです。
やるべきテーマが決まり、それを克服するという単純な流れがいざ、トレーニングになるとなかなか出来ない…となってしまいますね。

それを解決するには自身の身体を知る事が大切ですし、その解決策(すなわち勉強方法)を知ることも本当に大切な事なのです。

勉強には先生もいます。塾の先生も、ある方には家庭教師もいるでしょう。
先生は勉強自体ももちろん教えてくれますが、特に目的や目標を定めた塾の先生や家庭教師の方は勉強のやり方、方法をきちんと教えてくれるのです。
だから、それをきちんとやれば志望校に合格出来る確率が上がると言えますね。
勉強自体も大切ですが、それ以上に大切な事は方法ややり方をきちんと教えてくれることです。

我々パーソナルトレーナーもある意味塾の先生であり、家庭教師なんですね。

まずは自身で考えるより、聞くことも大切な勉強方法。
ぜひ、見識あるパーソナルトレーナーを頼るのもトレーニングを見直す良い方法かも知れませんね。

ミッドブレス初台
〒151-0061
東京都渋谷区初台1-47-4
☎︎03-3375-3917
【フィットネスジム ミッドブレス公式HP】
*フィットネスジム ミッドブレス初台*

【ミッドブレスFacebook】
*ミッドブレス初台Facebook*

【旧堺部ブログ】
*ミッドブレス堺部元行ヘッドパーソナルトレーナー日記1*

【一般社団法人NPCJ】
*一般社団法人NPCJ *

【10/15 NPCJ BEEF SASAKI CLASSIC】
*NPCJ BEEF SASAKI CLASSIC」

【11月19日 NPCJ WORLD LEGENDS CLASSIC】
*NPCJ WORLD LEGENDS CLASSIC申し込み*

【NPCアクティブウェア購入サイト Gravii】
*NPC アクテウェア購入サイト Gravii

【フィジークオンライン】
*フィジークオンライン


【センダイガールズホームページ】
*センダイガールズホームページ*

【DJフィルモア オフィシャルブログ】
*DJ フィルモア オフィシャルブログ*

【安芸戦士 メープルカイザーブログ】
*安芸戦士メープルカイザー

【湯浅幸大 パーソナルトレーナーブログ】
*湯浅幸大パーソナルTブログ*






関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
ミスターオリンピア アジア 香港 3位
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント