記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

今日は朝からハイテンションでトレーニング!

昨夜は疲れと興奮が入り乱れながらも、自宅に戻ったら正にバタンキューで久しぶりに深ーーい睡眠を取ることが出来ました。
本当に疲れたなぁ…と思いながらも山岸・アイリスの日本ツアーは始まったばかりです。
本日ミッドブレスにわざわざお集まり頂ける方々や三重や広島に来て頂ける方を思うと、山岸プロ以上に頑張って皆さんの元に山岸・アイリスをお連れしますから、ぜひお楽しみに!!

さて、そんな日本ツアーですがミッドブレスでは合間をぬってトレーニングに来てくれる若人がいます!!
私がトレーニングのヘッドコーチを務める東京虎ノ門にある「54ゴルフクリニック」に所属する未来の松山選手を夢見るプロゴルファーの卵たちです!
*54ゴルフクリニック

今やプロゴルファーは若いアスリートの目指す理想的なプロのスポーツでもありますよね。
あの松山選手なんて、わずか3週間で数億円を稼ぎ出すスーパースターです。
海外で上位の常連であり、日本ツアーにいざ参戦すれば大差の余裕の勝利を続けるワールドワイドなアスリート。

海外に目を向けて見ると、タイガーウッズを超えるスーパーゴルファーが次々と誕生し、我々日本人が抱くゴルフはおじさんのスポーツではなくなりました。
また、松山選手を始めとする海外のトップゴルファーは毎日の様にウェイトトレーニングを実践し、遠征のホテルを探す際の一番の条件はトレーニング施設がある事が大前提だそうです。

松山選手もここ1.2年で身体が大きく変貌し、アメリカツアーのパワーゴルフにも決して見劣りしないボディを作り上げてます。
松山選手の2年前の不調の原因はトレーニングをサボっていたからと明言しているくらいです。
今は主にランニングマシンと自重を使ったあらゆる動作を交互に行う、サーキット・トレーニングが主流のようですね。
松山選手曰く「吐くまでやる!」だそうです。

そんな松山選手にも負けずに頑張ってる未来のプロゴルファーも基本はサーキットトレーニングを主体として持久力に加え、柔軟性を高めるトレーニング!

すでに準備運動としてはトレッドミルで汗を流してからのトレーニング!

柔軟性も忘れません。

また、ダンベルなどのウェイト機器より持ちにくいメデェシンボールなども活用していきます!

私も部活的なサーキットトレーニングは大好きですから、疲れも感じず正にハイテンションになっていきます!

ダンベルを使ってトレーニングもかなりの重量ながらハイレップのコアを感じるイメージを大切にしていきます!

トレーニングの強度に加えパワーがあり柔軟性が高く、こんな事が軽々出来る彼女はトッププロゴルファーより上を行くヘッドスピードと飛距離を持ち合わせています。

正にスーパーウーマンアスリート!

男子だって負けてません!
来年あの日本大学ゴルフ部に行くユウジは、ボディビルの素質も持ち合わせるほどの筋肉を持っています!

本当に将来楽しみな彼らにぜひ、山岸プロ、アイリスプロと会って部門は違えど、世界で活躍するトッププロを目の当たりにし、実際に話をしてプロの息吹を肌で感じて欲しいと山岸プロらが来るのを待たせていました。

二人には良い刺激になった事でしょう!

でも、一番驚いてたのはビーフんちのハクトに会った事かも知れないなぁ…(T_T)
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
ミスターオリンピア アジア 香港 3位
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント