記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

肝臓をケアしましょう!

12月ともなると、忘年会やパーティーで身体も内臓も何かと酷使し過ぎな季節ですね。

そんな酷使すると言う意味では一番酷使する臓器はやはり肝心要の肝臓でしょう。
肝臓は沈黙の臓器と言われますが、肝臓は体内の化学工場と呼ばれています。
肝臓の働きは大きく3つに分かれていて、
『食べた物をエネルギーに変える働き、代謝作用』
『体に取り入れた物の解毒作用』
『いらないものを排泄する胆汁の生成、分泌作用』
です。
(実はこの肝臓機能について得意なのでめちゃくちゃ詳しく、わかりやすくこのブログに書き込んで送信したら全部データが消えてなくなり、再び書いてます。かなりショックを受けてやり直してますが、割愛させて下さい…。)
そんな肝臓をケアするのでおなじみなのがしじみですね。
しじみに含まれるオルニチンが非常に効果が高い様で、
サプリメントでもおなじみですね。

オルニチンは胆汁の分泌を促進し、代謝物である有害なアンモニアを除去するので疲労回復などに効果が期待されてますね。
そんな中私が今一番お勧めするのは肝臓水解物。
牛や豚などの哺乳動物の肝臓に消化酵素を加え、加水分解したものです。
今の時期、CMでもおなじみですね!
そんな肝臓水解物は臨床例でも慢性肝炎、肝硬変、胆管炎、毛細胆管炎、中毒性肝臓症などに有効であると認められてます。
私はまず疲れを取りたい、ダルさを解消したいと取り始めたのがきっかけです。

昔からホルモンを食べる時には肝臓が悪いならレバーを食べろ!と言われた所以もここにあるのでしょう。
最近は「へパリーゼ」と「レバウルソ」のダブル使い!

おかげ様でこれまで妄信的に頼っていた効果な「アリ○ミンEXゴールド+何とかかんとか!」よら体感してる気がします。
これにグルタミンがあれば身体のケアはパーフェクトな気がします!

しかし、この肝臓水解物はあくまで医薬品ですからね、ぜひ専門の薬局などでご相談の上、ご購入下さいね!

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
ミスターオリンピア アジア 香港 3位
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント