記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

テコの原理を考えてみましょう!

今日は私が実際に行うトレーニングの中で最も重要視している支点と力点、またテコの原理をみなさんのトレーニングのちょっとした参考になればと思い書いてみます!
私の大きな弱点はこの背中です…。特に肩甲骨周りのでこぼこが弱いのと、下背部のキレが全く足りずにいます。
課題はやはり肩甲骨周りの柔軟な動きです。
プロ、特に黒人選手の背中のトレーニングを見ていると、意識しているとは到底思えませんがウネウネ動く躍動感に溢れたトレーニングは本当に理想的な背中を作り上げるには最高の資質を持ち合わせていると言えるでしょう。
大切な事は意識しないで動く感性です。
まぁ、それを導き出すにはやはりトレーニングを意識して考える以外はないのですが…。

では、そんな肩甲骨周りの動きを少し考えていきましょう。

まずはリヤレイズマシンを使い大きな動きで肩甲骨周りまで稼動させるレイズからです。

フルレンジで背中の後ろまで手首が行くくらい引きつけます。
しかし、フロントでは肩甲骨周りのストレッチをするくらいに前に手首を持っていかれるイメージです。

しっかり引きつけたいので、グリップは順手です。
次にグリップを逆手にして同じ動き。

特にフロントでのストレッチを意識する様にします。

扱う重さより動かすポイントをリヤレイズとは分けて考える必要があります。
すなわち支点の位置が重要です。
リヤレイズはもちろん支点は肩の後方ですから、この支点が動かない様にレイズする必要があります。
もし、より強く引きつけると支点は肩甲骨周りに移行してしまいます。
この肩甲骨周りの支点にすることが背中のトレーニングになるので、この支点の考え方は非常に重要な要素です。
肩甲骨周りが柔軟であればあるだけ、様々な上半身の動き、特に腕の回旋には非常に重要な要素になります。
スィングアークを大きくするのもこの肩甲骨周りですし、ボクシングのパンチもこの肩甲骨周りが非常に重要なファクターになるのです。

例えば肩のフロントプレスもインクラインプレスも支点の位置が変わるのを意識しなければ、絶対に効く箇所が違います。

座る背もたれの傾斜を変えたらフロントプレス、インクラインプレスと言う事ではありません。
支点の位置は常に肩甲骨の位置と肘の動きと持っていき方が決めるのです。
インクラインプレスをして肩を痛める方は支点の位置が違うにも関わらず、プレスをしているのです。
みなさんも支点の位置を意識する為にも肩甲骨周りのストレッチから始めましょう!

改めて支点と力点と言う単純な物理の観点でトレーニングを見てください。
身体には様々な関節がもたらすテコの原理が作用しているのです。
そのテコの原理を上手く活用するのがトレーニングフォームを考えるという事になるのです。
だからみなさんが考える良いマシン、効くマシンとはこのテコの原理が効くフォームが取りやすいのが、良いマシンと感じるのです。
それはバーのグリップの太さから軌道に至るまで全て当てはまります。
だからテコの原理が抜ける様なトップの位置で強い収縮が出ないマシンは使い難いマシンになるのです。
ハンマーはこのテコの原理を活用下マシンの代表格ですね。

ハンマーの設計者のお父さんはあのノーチラスマシンの作成したアーサージョーンズです。
ノーチラスのマシンに使われるカムは可変抵抗する様に設計されたオウム貝のような奇抜な形をしたカムのおかげで、トップでもチカラが抜けない構造なんですね。
そんなカムよりアームバーに取り付けるウェイトの位置やバーの軌道でテコを生んだマシンがハンマーストレングスなんですね。
今のノーチラスマシンはあまり人気がなく、使い難いと言われますが原因はグリップにあると思います。
軌道自体は一番優れたマシンで、私が次にミッドブレスにマシンを入れ替えるならハンマーとノーチラス、僅かにライフフィットネスかなぁ…!
私は昔ながらのマシンが好きなので、こんなラインナップになるでしょうね。
ぜひ、みなさんもマシンにはテコの原理が応用されている事を知り、更にそのテコを上手く活用するには正しい座り方、フォームを習得する必要がある事を認識してみてください。

更に言うならば稼動させる筋肉と逆の動きをする拮抗筋の事を考えたフォームとも言えるでしょう。
教科書に書いてあるフォームは効く、効果があるフォームでなく、安全に動かせるフォームですからね。
下半身はもっと複雑ですが、いずれ機会があれば書いてみましょう。
ちょっとした考え方、ちょっとやり方でトレーニング効果は大きく変わるものです。
まぁ、なかなか言葉を並べ、簡単な写真では分かり難いし、誤解を招きやすいのですが…!

もっと詳しく!!と言う方はぜひ、ミッドブレスまで足を運んでくださいね!
個人、個人に合った適切かつ、適正なフォーム、可動をお伝えします!

《ミッドブレス初台》

〒151-0061
東京都渋谷区初台1-47-4 第二加藤ビル
☎︎03-3375-3917
新宿駅から隣の京王新線「初台駅」
東口オペラシティ側出口 徒歩1分

【フィットネスジム ミッドブレス公式HP】
*フィットネスジム ミッドブレス初台*

【ミッドブレスFacebook】
*ミッドブレス初台Facebook*

【旧堺部ブログ】
*ミッドブレス堺部元行ヘッドパーソナルトレーナー日記1*

【一般社団法人NPCJ】
*一般社団法人NPCJ *

【NPCJ BLAZE OPEN 牛込箪笥区民ホール】
*NPCJ BLAZE OPEN 牛込箪笥区民ホール

【NEW GENERATION 角筈区民ホール】
*NEW GENERATION 角筈区民ホール

【NPCアクティブウェア購入サイト Gravii】
*NPC アクテウェア購入サイト Gravii

【ガッチャモール】
*ガッチャモール*


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
ミスターオリンピア アジア 香港 3位
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント