記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

お腹は大切!!

今日は月一のトレーニングに来てくれる愛知県の若手ビルダー牧選手と甲村選手!

一足早い私の誕生日プレゼントと大量のういろうをお土産に買ってきてくれました!

大量って本当に大量です!

何故こんなに大量のういろうかと言うと、私ういろうとスアマに滅法弱い!!
赤白抹茶、あずきコーヒー柚子桜!7つの味を残らずポイ!!
こんな歌(東海地方の方なら全てご存知ですよね?)がソウルに響くくらい大好物!
しかし、この虎屋ういろうとは我が三重県は伊勢市にあるらしく全く知りませんでしたが、本家を凌駕する究極のうまさ!!
全員でバーの様に一本食い!
途中、アジア選手権フィジークに選出された湯浅選手がトレーニングに来て久しぶりのご対面!
甲村君は湯浅選手のライバルになれるか!?
東海フィジークが楽しみです!

私はおはぎを頂きました!
周りをあずきのういろうでコーティングしつつ、中には大量のもち米!
まさにカーボアップの為の食材!

トレーニング中のミッドブレス整骨院、岡田院長を呼び出し一緒に食べるも、ようやく体重が落ち始めたのに…とバカな事を言い出す!

人間何事も思い込みだ!
脂肪にならない!と強く思い込み、念じたら大丈夫だ!
ういろうはスタッフ皆で美味しく頂きました!
ありがとうございます!

そんな美味しいういろうを頂いた後はハードに背中のトレーニング!!
今日は背中のトレーニングの解説といきたいところですが、お腹を徹底的に鍛えました!!

皆さんも毎回のトレーニングで必ず腹筋はやるよ!と言う方も多いでしょう!
しかし、トレーニングには優先方があるのをこの腹筋のトレーニングだけは忘れたかの様にラストにチョコチョコとする…という方が大半ではないでしょうか。
腹筋は全てのトレーニーの課題と言ってよい部位。
ましてや、コンテストを狙って日々トレーニングする方にとっては絶対的に課題となる部位なのです。
審査員はステージに登場した選手の全てを見る事は実際不可能です。
第一印象はいかに綺麗に腹筋が割れているか!?

大きな指針になっているはずです。
しかしながら、多くの選手が改善したい、バルクアップしたい部位に腹筋を上げる人は皆無です。
腹筋が一番評価の基準になるにも関わらず、腹筋が弱い、出ないと嘆く割には…。
いくらダイエットをしても腹筋一つ一つのセパレートされた部位が高く丸みを帯びていない限り、腹筋は弱いと判断されてしまいます。
また、フロントを向く全てのポージングでは腹筋が重要な役割と評価を決めるファクターとなっているのです。

今一度、腹筋の重要性と優先順位を考えてみましょう!
私は腹筋を全ての第一種目に持ってくることをお勧めします。
筋優先法を考えても、パンプアップの重要性を考えてもそれが一番良い方法です。
他の種目を十分にやり終えた後に腹筋をいくら頑張っても流れる血液量には限りがあり、それほどのパンプを得られないでしょう。
しかし、コンテスト時のパンプアップはほぼ腹筋だけでも良いくらいのカーボアップと準備が出来ているはずです。
コンテスト時のようなリフレッシュした状態に腹筋のパンプ感を知っておく意味でも第一種目に腹筋をする事は非常に重要です。
今日は一つ一つのセパレートをしっかりつける90度クランチ。

膝、股関節の角度を90度にするポジションで頭ま肘も床にしっかりつけてスタートです。
全体的に勢いよくくるぶしを掴みにいき、1.2秒停止。
勢いが大切で、停止する事で収縮するイメージをつけましょう!
再度、床にしっかりつけるスタートポジションから繰り返し20回。
1セット目は簡単、すごく簡単。
続いてベンチに腰をつけてのV字シット。

ゆっくりゆっくりとネガティヴをかけながら、20回伸ばすイメージを大切に繰り返しましょう!

1セット目は簡単。
4セットを頑張ってみましょう!
次は外腹斜筋を鍛えましょう!

特にフィジークの方々には絶対に必要な筋肉!
ケーブルでのサイドベント。

真横に引くのではなく、やや全方位に肘を持ってくるイメージです。
左右20回を引いたらすぐにノーウェイトで収縮だけを20回引ききりましょう!

3セット。
ラストは腹筋下部をイメージするハンギングレッグレイズ。

バランスが難しく、腕のチカラをニュートラルにできる方にはラットマシンを用いたレッグレイズもオススメです。

どちらもスローモーションで上げる非常に苦しいレイズ。
ぜひ、どの部位にも負けない時間と手間をかけて腹筋を鍛えてみましょう!

必ずや、みんなが最後にジタバタする腹筋が余裕でアドバンテージになればコンテストは勝ったも同然でしょう!
合言葉は腹筋は第一種目!


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント