FC2ブログ

記事一覧

VICTOR MARTINEZ'S LEGENDS CHAMPIONSHIPS 2

ゆったりと過ごした午後ですが、急に気が抜けたのか喉、鼻水、頭痛が酷いのでドラッグストアで風邪薬を購入し、少ししたらかなり良くなってきました。
やはり、歳なのかステージに上がる度に大げさではなく、命を削ってんなぁ…とここ最近強く感じます。
だからと言って手を抜くという気持ちは全くありませんが、ボディビルを始めた当初より楽しくなくなって来たのは偽らざる気持ち。
一旦どこかでリセットした方がいいのでしょうねー!
そんなネガテイブな事を考えながら、ギリギリまで横になってからタクシーで会場に移動。
そう言えば今回もチームNPCJとして選手には日の丸をつけたNPCJ公式遠征ジャージを支給しました。

せっかくだからみんなで写真を!とまずは全員満足、ヤッタァ!のポーズ。

背中のNPCJを見せるポーズ

結果が悪かった際の反省ポーズ!

周りのみんなヒイてましたが、やはりボディビルコンテストは個人スポーツじゃないんですね、こうして全員が互いに声を掛け合い、助け合い、励ましあっていくのがステージコンテスト!!
なかなかNPCJはチームワークが素晴らしい!
他のチーム(ドミニカチームやプエルトリコチーム、パワーハウスチームなど)連中が遠巻きに羨ましがってましたよー!
さぁ、私のファイナルはフリーポーズから。

私は自身で気に入った曲を選択しますが、フリーポーズのコリオは全くその場の雰囲気やイメージだけで構成します。ですから、普段は各々のポーズは練習しますが構成された1曲はもうあらかじめ作りません。

どうせ、飛ばすし、忘れるしがおもな理由ですかやはり会場の雰囲気や何が一番ウケるのかなぁ…と感じながらポーズするのが好きなだけです。
まぁ、基本を忠実に出来たらそれはそれでも良いような気がしますが、多くの皆さんはまずポーズのレパートリー、選択肢を増やすことは大切ですね。
わからないまま、不安定なポーズは意味がないので、ポーズがわからない場合もぜひミッドブレスに来てみてください。曲さえあれば全て完璧に構成などをお教えしますから!
そんなフリーポーズを終えたら怒涛の審査結果発表の時間!

おかげさまでライトヘビー級で優勝できました。
海外の優勝は5~6年前にミスターロサンゼルスライトヘビー級で優勝した時以来。

久しぶりに優勝の瞬間、嬉しいよりホッとしたほうが強いのが不思議。

これで念願だったオーバーオールにチャレンジです。
勝負はミドル級のコヤツだと睨みながら戦いましたが…。

あえなく敗退、ソードはお預けになりましたが、良い経験ができました。
優勝はヘビー級!

まぁ、審査は審査!仕方ないです。
次回までに更に腕、肩を強化し、必ずや捲土重来を期し頑張ります。
皆さん、応援ありがとうございました。
今日はすでにまぶたが限界なので、取り急ぎご報告まで!
明日には他の選手もご報告します!
おやすみなさーい!
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
POWERHOUSE GYM HIDE YAMAGISHI TOKYO JAPAN ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

資格

  • 保健体育教諭免許(中学1種・高校1種)
  • 日本水泳連盟2級水泳指導員
  • 日本ボディビル連盟2級指導員
  • 加圧トレーニング本部公認
  • 加圧トレーニングインストラクター

競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。全日本選手権、国体等で多数優勝経験あり。26歳よりボディビルを始め、
1995年:
JBBF千葉県ボディビル選手権優勝
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された、
2007年:
日米フレンドシップ ボディビル選手権 ライトヘビー級準優勝
2009年:
横須賀基地ボディビル選手権優勝。
2009年:
JPCジャパンナショナルズ ボディビル選手権優勝
2012年:
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年:
ニューヨーク アトランティックステイツ マスターズ優勝
2015年:
ニューヨーク アトランティックステイツ マスターズ優勝
2016年:
ニューヨーク アトランティックステイツ マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権 マスターズ優勝
2017年:
GLOBAL CLASSIC 3位
ミスターオリンピア アジア 香港
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。その後13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。退職後、大手フィットネスクラブに入社。店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者・育成講習会の講師として活動中。並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年54GOLF CLINIC トレーニング部門責任者。

フリーエリア

  • POWERHOUSE GYM Hide Yamagishi Tokyo Japan
  • NPCJ
  • Gravii