記事一覧

堺部 元行

オンラインサロンオープン!

久しぶりの…ビッグボディ!

最近の土曜日はミッドブレス初台が様々なトレーニーで盛り上がる日になっています!!
今日は正に春本番の暖かい陽気に恵まれ、朝からたくさんのお客様がトレーニングに汗を流す姿が見られました!
5月に北京で開催されるアジア大会にフィジーク日本代表として参加する湯浅選手もその一人。

ダイエット真っ盛りの中も凄まじい重量で脚をトレーニング!!
昨年より明らかにバルクアップしたその肉体はアジア大会でも必ず高評価を受ける事でしょう!!
まずは、頑張ってダイエット!!
必勝を祈りましょう!

また、今日初めてミッドブレス初台に来てくれたのは今年の東京オープンに初チャレンジする若手選手!

26歳にしてかなりの完成度を誇るその肉体は圧巻です!
まだまだ皮が厚いので残り2kgを目安にダイエットは必須ですが、併せてやはりボディビル的なトレーニングをしっかり取り入れるべきでしょう。
よく、いわれる事ですがダイエットして筋肉が目減りするから高重量を扱う…というフレーズですがあくまで筋肉は扱う重量の何kgを察知して筋肉の増減を決める訳ではありません。
筋肉を増やすことだけを考えるとあくまで頭が、筋肉が究極(これが一番大切)に辛いと感じる事が最大に必要な事なのです。
10回ギリギリなど一番楽なトレーニングの一つです。
何と言っても自分でゴールを10回と決めたり、ペース配分まで出来る訳ですから。
幾つかの論文からも、10回ギリギリの重量を上げ更にパーシャルやドロップなどを過度に加えた比較的長い回数をこなすトレーニングの方が成長ホルモン、男性ホルモンの分泌が促進されやすく、筋肉を成長させる大きな要因と立証されているケースもあるのです。
まさにコンテスト前には身体に彫刻刀でカットを挿し入れる様なトレーニングに変えなければ決してストリエーション、カット、ディフィニッションに優れた身体にはなりません!
ぜひ、トレーニングを見直し、ポージングを嫌と言う程繰り返し、繰り返しトレーニングしていく事がコンテストを勝ち抜く最大の方法です!!
若人よ!気合いで頑張りましょう!!

また、今日は久しぶり?初めて?ミッドブレス初台にあの日本一のバルクを誇る、フューチャー北井選手がトレーニングにきてくれました!

現在、105kgを誇るその肉体はやはり日本一のバルクでしょう!
更にウェストは細くブライアンブキャナンみたいな身体になりつつあります!

44歳を迎え正に絶好調の時期の様で、11月のNPCJ WORLD LEGENDS CLASSICでは嵐を巻き起こしてくれるでしょう!!
更に北井選手は今年からアジア最大のボディビル団体でありあのポールチュア率いる「WPBF」の日本統括代表に就任したそうです。
今年から日本代表として自らも、そして多くの日本人選手を引き連れてアジアを中心としたコンテストに出場するそうです。

こうして我々NPCJとWPBFの様に他の団体と壁のない相互に活躍できる舞台を、揃える事は多くの選手にとってけっしてマイナスではないでしょう!!
アメリカNPCやアジアで活躍するフューチャー北井選手のボディビルに対する真摯な姿勢は我々も学ぶべき点が数多くあります。

ボディビル、フィットネス、トレーニング愛好家がより集い易い環境をますます我々老体が先頭に立ち、作り上げる事がやはり一番大切な事でしょう!!
既得権益や団体の名前、理事の名跡より全ての選手がより楽しめるステージを皆で協力して作って行こう!と北井選手としっかり話し合いが出来た事は素晴らしい事でした!!
明日もミッドブレス初台はフィットネスを愛する仲間で溢れるジムになるはずです!
【5/22 BLAZEOPEN】
選手登録・チケット予約受付中!!
*NPCJ Blaze Open申し込み*

【一般社団法人NPCJ】
*一般社団法人NPCJ *


【7/3 ZOA LINSEY CHAMPIONSHIPS】
選手登録・チケット予約受付中!!
*NPCJ 沖縄ゾアリンジー 申し込み*

【NPCJゾアリンジーチャンピオンシップ】
*NPCJゾアリンジーチャンピオンシップ 広告動画*

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

sakabept

Author:sakabept
Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレス
ヘッドパーソナルトレーナー
一般社団法人NPCJ理事

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認
加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、
社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体等で
多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、
1995年
JBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で
横田基地で開催された
2007年日米フレンドシップ
ボディビル選手権に出場し
ライトヘビー級で準優勝。
2009年
横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年
JPCジャパンナショナルズ
ボディビル選手権にて優勝。
2012年
ミスターロサンゼルス ライトヘビー級優勝
2014年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2015年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ優勝
2016年
ニューヨーク アトランティックステイツ
マスターズ準優勝
横田基地日米フレンドシップボディビル選手権
マスターズ優勝
2017年
GLOBAL CLASSIC 3位
ミスターオリンピア アジア 香港
ビクターマルチネス レジェンド チャンピオンシップ
マスターズ優勝/ライトヘビー優勝

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、
同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、
水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて
保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。
同時に新入社員の教育、
トレーナー育成の担当となる。
2000年より、
トレーニング・ボディビルの雑誌の
記事取材を担当。
2001年より
千葉県市川市の委託を受け、
市川市公認スポーツ指導者
育成講習会の講師として活動中。
並びに小中学校における体育授業を担当。
2007年
都内を中心に、
ゴルファー・競輪選手・
ボディビルダーへの指導、高校・団体の
球技チームのストレングスコーチ、
一般男女向けのトレーニング&
ダイエットアドバイザーを実施。
2010年
加圧トレーニング本部公認、
加圧トレーニングインストラクター取得。
2016年
54GOLF CLINIC
トレーニング部門責任者。

最新コメント